観光

やなかの大助周辺の施設をご紹介

町家ステイのひとつ、やなかの大助の周辺にはいろいろな観光スポットがあります。

今回は1つづつ写真を交えてご紹介いたします。

 

まずはやなか水のこみち。

郡上八幡の観光スポットの一つで水辺のポケットパークです。

町の名前にかけて約8万個の石を使った装飾が施されています。ちょうど柳の若葉が出てきました。

こみちを進むと右手に神社があります。その名も「谷中稲荷神社」

その名の通りお稲荷さんが祀ってあります。

すぐ横には美術館「遊童館」があります。

こちらは郡上おどりのポスターを手掛ける水野政雄先生のギャラリーになっています。

遊童館を左に進むとあるのが齋藤美術館さん。

こちらは新町通りの町家カフェ齋藤さんの経営する美術館で、江戸時代から続く齋藤家が収集してきた

貴重な書画や茶道具の数々が展示されています。

齋藤美術館の向かいにはお茶屋さん「やなかこみち」さんがあります。

土日を中心に営業しているわらびもちやソフトクリームの美味しいお店です。

そのすぐ先に町家ステイ「やなかの大助」があります。

「やなかの大助」の名前の由来は、昔やなか水のこみち一帯が郡上のお殿様の親族だった

遠藤大助さんが住んでいた屋敷があったことから名付けられました。

 

 

 

お花見スポットを紹介

今が満開の郡上八幡の桜、お花見におすすめのスポットをご紹介します。

中河原公園

吉田川に面した公園です。芝生の敷かれた園内でお花見にも最適です。

城山公園

郡上八幡城の中腹にある公園です。

ソメイヨシノと開花の遅い枝垂れ桜が植えられているのでお花見を長く楽しめます。

愛宕公園

「♪忘れなまいぞえ愛宕の桜 縁を結んだ花じゃもの」

と郡上おどりにも歌われる桜の名所です。

こちらでは桜の時期限定でライトアップを行っています

 

春爛漫❀桜が満開です!

開花をお伝えしてから5日、連日の晴天のおかげであっという間にあちこちの桜が見ごろを迎えました!

例年は4月10日頃に満開になるので今年はとても早いです。春が駆け足で通りすぎていきそうです。(+o+)

そんな今が見頃、満開の桜をご覧ください。

城山公園、ソメイヨシノは8分咲き、枝垂れ桜は3分咲きほどでした。

今が見頃の愛宕公園ではあちこちでお花見が開かれていました。

八幡小学校の校庭の枝垂れ桜。先月病気になっていた枝を切ったばかりですが見事に花を咲かせました。

橋本町のつきあたり、願蓮寺さんの境内の桜も今が見頃です。

福よせ雛巡り~八幡駅周辺編~

福よせ雛もあとわずか、今回は郡上八幡駅周辺をご紹介します。

最初は食品サンプルの体験もできるサンプルビレッジいわさきさん。お雛様も専用のエプロンで体験中。

美味しそうなちらし寿司におおきな菱餅。これも食品サンプルです。

次は旅館 東屋さん。玄関先でごちそうと一緒にお出迎え。

ロビーでは盤を挟んでにらめっこ。

昨年リニューアルした郡上八幡駅にもお雛様が!新設のカフェの料理でしょうか?美味しそうですね(*^_^*)

最後にすえたけ眼科クリニックさん。みなさんも目を大事にしましょうね。

福よせ雛の開催期間は4月3日まで。残りわずかですがお雛様達の郡上八幡での暮らしを見にお越しください。

福よせ雛まつり~肴町編~

福よせ雛巡り、今回は『町家ステイじょうが渓房』のある肴町を紹介します。

まず最初は床屋の理容カトウさん。お雛様がカラーパーマに挑戦?!

つづいて和菓子の金華堂さん。お気に入りのお菓子を見つけたようです。

サンプルの郡上屋さんではウェディングケーキを製作中。はしごに登ってクリームをつけます。

クラフト作品のcuri8さんでは手作りの品に囲まれたお雛様達。

最後は郷土料理と定食の新橋亭さん。夜のお店で宴会中です。

福よせ雛もあと少しですね。次回は駅周辺をご紹介します。