夜の郡上八幡

今年も開演 郡上八幡上方落語の会

今年もお城山の麓、安養寺さんで特別な寄席が開かれます。

 

郡上八幡上方落語の会

日時:9月15日 19:00~

場所:八幡町柳町 安養寺本堂

木戸銭(入場料):3,500円

普段TVでしか見られない落語界のスターによる落語イベント。

とくに昨年の病気から復帰された、桂ざこば師匠の元気な寄席が聴ける絶好の機会です。

案内人は郡上八幡在住の俳優、近藤正臣さんです。

当日券はございませんので早めのご予約をお勧めします!

ご予約はこちら → 喫茶門 ☎ 0575-65-2048

 

夜開催のイベントです。ご参加の際はぜひ郡上八幡町家ステイをご利用ください。

徹夜おどり限定!本町のビアガーデン

徹夜おどりも3日目、皆さんはおどりにいらっしゃったでしょうか。

私も初日に少し踊ってきました。おどっている人の数が多くて踊りの輪を1周するのに3時間もかかりました。

徹夜おどりになると普段は少ない屋台が沢山出店して、屋台めぐりも楽しみの一つです。

 

徹夜おどりの期間限定で本町にある平野本店さんの駐車場でビアガーデンが行われています。

徹夜ビアガーデン

期間:8月13日~8月16日 20:00~翌2:00

場所:八幡町本町 平野本店

踊り会場のすぐ近くで行われているビアガーデンは、ビールなどのアルコール類のほかに

郡上の美味しい鮎を使った鮎めしや鮎フライなどがいただけます。

会場の横を流れる小駄良川から涼しい風が吹いてくるので、踊り疲れた体を休めるのにもおすすめです。

残り二日の徹夜おどり、ぜひお立ち寄りください!

いよいよ今日から徹夜おどり!

いよいよ今日から郡上おどりで一番盛り上がる「徹夜おどり」が始まります。

江戸時代には身分のわけ隔てなく無礼講で踊られた徹夜おどり。

お盆の4日間のみ夜の8時から翌朝4時、5時まで踊り明かします。

 

徹夜おどりに伴い、郡上八幡市街地では夜間通行規制が行われます。

こちらの地図を参考に郡上八幡にお越しください。

PDF版はこちら → 徹夜おどり2018駐車場

 

郡上八幡花火大会&小駄良川イルミネーション

8月に入り夏本番の郡上八幡です。来週、8月7日には花火大会が行われます。

 

郡上八幡城下町花火大会

日時:8月7日(火) 19:30~20:20

場所:郡上八幡城下町一帯

 

日本で唯一!お城山の上から打ち上げる花火大会です!

ライトアップされた郡上八幡城のすぐ上に花火が咲く様子は一生に一度は見てほしい光景です。

お城山からの花火は町中で見えますが、宮ケ瀬橋からの仕掛け花火や中川原公園からも花火が上がるので、

おすすめの鑑賞スポットは中川原公園の対岸、栄パーキングのあたりです。

 

 

同日に小駄良川でも夜間イベントがあります。

小駄良川イルミネーション

日時:8月7日(火) 夕暮れから

場所:八幡町本町 宗祇水周辺

昨年は台風により残念ながら中止となったイルミネーション。

今年はぜひ川底に再現された天の川をぜひご覧ください。

 

同日は20:00から本町通りで郡上おどりも開催され、踊りと花火のコラボレーションも見られるかも。

今のところの天気予報では晴れ時々曇りになるとのことです。晴れてわたってほしいですね。(>_<)

一年に一度の郡上八幡の花火、ぜひ見に来てください!

 

おどり下駄で郡上おどりを一層楽しもう

本町通りの大提灯です!いよいよ本日から郡上おどりが始まります。

郡上おどりに欠かせないアイテムと言えばなんといっても下駄です!

おどりの振り付けには、蹴り上げる動作やすり足などが多くあります。

下駄の音でお囃子と一緒になって調子を合わせるのは楽しいですよ(^_^)v

 

カランコロンと小気味のいい音のなる下駄は街歩きにも最適です。

今回は八幡の街中で下駄を取り扱うお店をご紹介します。

 

岸山履物店

創業明治四年。新町にある履物のお店です。下駄に使われる木材も豊富なので自分だけの下駄が作れます。

 

杉本はきもの店

大手町で長年営業している下駄専門店。踊りに合わせて遅くまでお店を開いています。

 

郡上木履

郡上の山で育ったヒノキにこだわって下駄を作る職人さんのお店。

郡上本染や絞り染め、こぎん刺しなどの技法を使った色とりどりの鼻緒を選んで自分だけの下駄が作れます。

 

katomokuのお店

今年オープンした地元の木工屋さんのショールーム兼ショップ。

木工屋さんならではの技術をつかったおどり下駄が並びます。

 

郡上おどりにはぜひ下駄をはいて参加してみてください。