ブログBLOG

イベント

郡上八幡城下町 おひなまつりと福よせ雛2020

郡上八幡城下町 おひなまつりと福よせ雛2020

期間:2月1日(土)~4月3日(金)

場所:郡上八幡城下町一帯 メイン会場:郡上八幡博覧館

今年もこの季節がやってきました。

福よせ雛とは、子どもたちの成長を見守る役目を終え供養され処分される運命にあったお雛様に、日常を過ごしながら再び活躍してもらおうと、福よせ雛プロジェクトとしてスターとした活動です。

 

名古屋市の主婦の皆さんの発案で始まった福よせ雛。

今年は名古屋市内や郡上八幡の他に鳥取県日野市や

フランス・パリ近郊のマニー・ル・オングル市での展示も行われます。

 

郡上八幡の福よせ雛の様子はこのブログでも随時紹介していきますよ!

郡上本染鯉のぼり寒ざらし

郡上本染 鯉のぼり寒ざらし

日時:1月20日(月) 午後1時~2時、2月2日(日) 午前10:00~11:00

場所:清水橋下流、宗祇水付近

郡上の冬の風物詩、鯉のぼりの寒ざらしが行われます。

染めの工程でつけたのりを冷たい川にさらして取り除く作業です。

どちらも前日の夕方から夜にかけて、川にさらされた鯉のぼりのライトアップが行われます。

 

寒さらしライトアップ

日時:1月19日(日)17:00~ 2月1日(土)17:00~

 

※河川の状況により時間、会場が変更になる場合があります。

どうぞ見学の際は温かい服装でお越しください。

年の瀬にふるまいもち&餅花作り体験

2019年も残りわずか、年越しの準備は進んでますか?

つきたてのお餅の振舞いと、昔ながらの餅花を作るワークショップが開かれます。

まちやしきでつく ふるまいもち

日時:12月28日(土) 餅つき:10:00~ 振舞い:10:30~

場所:八幡町新町 町屋敷 越前屋

杵と臼でつく昔ながらの餅つき体験です。ついたお餅はその場で振舞われます。

 

もちばなつくりワークショップ

日時:12月28日(土) 14:00~

参加費:1,000円

定員:10名 ※要予約

昔から郡上で作られているお正月飾りの『餅花』

紅白のお餅を使った餅花を作ってみましょう。

予約はこちらからお願いします。↓

八幡市街地まちづくり会議 ☎ 0575-65-6210

冬を彩る南天まつり

12月は昔は師走と呼ばれ、新年の準備の為にお坊さん(法師)が走り回るほど忙しかったことから

名前がついたといわれています。

皆さんも年末年始の準備は進んでますか?

お正月飾りにもなる郡上の南天製品の即売会が今年も迫ってきました。

 

郡上八幡南天まつり

日時:12月15日(日) 9:00~15:00

場所:郡上市役所 第二駐車場

郡上の特産品の一つ、真っ赤な実が特徴の南天は、

クリスマスリースや正月飾りなど、これからの季節を彩る飾り物として人気です。

大人気の南天玉は整理券を8:30から配布するそうです。温かい服装でお越しください。

 

※今年は会場が郡上市役所に変更になっていますのでご注意ください。

 

令和元年 郡上まちや寄席

昨年大盛況に終わった郡上寄席が帰ってきます!

令和元年 郡上まちや寄席 郡上南天と米朝一門の落語会

日時:12月7日(土) 昼の部14:00開演 夜の部19:00開演

場所:平野本店 酒蔵跡

料金:大人2,500円(当日3,000円)

Wed予約:gujomachiyayose.peatix.com/

郡上八幡出身の落語家、桂弥太郎さんと桂南天さんによる寄席です。

昼伸びと夜の部では演目が変わるそうです。何が話されるか楽しみですね。

今年もイラストレーターの神田亜美さんの作品展が行われます。

寒い時期の開催の為、上着やひざ掛けを持ってくると安心です。

 

関連イベント 南天ぼんぼんワークショップも同日開催です。

郡上の特産品のひとつ、南天の赤い実が冬を彩る飾り物に変身します!

日時:12月7日(土)10:00~13:00

場所:町屋敷 越前屋 定員:16名

予約・問い合わせ:info@den-den.co.jp

こちらもぜひご参加ください。